凝視しないとわからない夫の芸

うちの主人は超がつくマジメ人間、帰宅時間も残業があるとき以外は、いつも同じ時間にかえってきます。当然、酒もギャンブルもしたことはない。趣味は、若いころから盆栽と大相撲のテレビ観戦。そんな夫が会社の創立記念パーティーで、一発芸をするようにと上司から仰せつかったから、もう大変です。ジョークの一つ言えないのにいったい何をやるっていうのよ、と心配に。夫が、手始めにしたことは、ネットでのお買い物でマジックグッズ、被り物、妙なメガネの購入です。そのたび鏡の前で着けては、「どう?」と聞いてくるんですが、ボサッと突っ立ているだけだから、おかしくも何ともない。娘から「お父さん、大丈夫なの?」と心配される始末です。そしていよいよ明日はパーティという日の夜です。夫に「何することにしたの?」と尋ねると私を手招きして「これにする」と、耳をピクピク動かします。これが凝視しないとよくわからないくらいの、小さな動きなのです(笑)。当日、いつものように静かに帰って来た夫に、「どうだった?」なんて、聞く気にもなりませんでした。